初心者向け:NISAの特徴は

「株は当たれば儲かるらしいけど、詳しく知らなくて手が出しにくい」と思っている初心者の方は多いでしょう。
いきなり大金を投資するのは無理でも、少額投資から始めたいと思っている初心者の方にぴったりの制度があります。
それがNISA(ニーサ)です。
2014年1月から開始した、少額投資を行う方向けの非課税制度です。
年間の非課税投資枠が120万円に設定されており、最長で5年間は税金を取られない仕組みになっています。
株式や投資信託で得られる利益には、売却で得られる譲渡益、保有していることで得られる配当金、投資信託の運用で得た収入が口数に応じて分配される分配金があります。通常、これらの利益には20%の税金が課されるので、全額が収入にはなりません。
しかしNISAでは、利益が出ればすべて自分の収入になるのです。
例えば、毎年10万円の利益が出たとします。他の口座で運用した場合は、毎年税金で2万円取られるので、8万円×5年で40万円の収入です。
NISAだと、10万円×5年で合計50万円の収入になります。
こうして計算すると、違いは明らかです。
NISAでは、短期で売買を繰り返して利益を上げるより、長期保有を基本としたほうがいいでしょう。株価が上がらないからと売却して別の株を購入しても、投資枠の再利用はできません。
何度も売買を繰り返していると、あっという間に上限に達してしまうので注意してください。
非課税投資枠は、5年経ったら翌年の非課税投資枠に移行するか、他の口座に移行するか、それとも売却するかを選択することになります。他の口座に移行した場合、戻すことはできなくなるので注意してください。
また、他の口座との配当金と相殺もできません。
NISAは2023年までの制度ですが、購入した年から5年以内は税金がかかりません。
2018年から始めると2023年までの5年間が非課税期間ですが、2023年に購入した株は2027年までが非課税対象です。

NISAから買ったほうがいい!株主優待株

NISAで株を買って、最も気になるのは配当金です。
購入した株に対して、1年間に受けられる配当金の割合を出した数値が配当利回りになります。
もちろん配当利回りの高い株の方がお得ですが、それ以外に見逃せないのが株主優待制度です。一定数の株を保有している株主が、さまざまな特典を利用できます。
イオンの株主優待は、買い物が3%割引になるキャッシュバック制度です。
現金や商品券での支払い時に、オーナーズカードを提示するだけで適用されます。
お客様感謝デーの5%割引に重ねて利用できるので、8%もの割引でよりお得に買い物ができます。他に、イオンの系列店でも利用可能です。
ダイエーはイオングループの傘下に入ったため、ダイエーの株主優待は受けられなくなりましたが、その代わりにイオンのオーナーズカードを使えるようになりました。
実店舗だけでなく、ネットショップでも使えるので近所にお店がない方、忙しくて行く暇がない方も特典を利用しやすいでしょう。
キャッシュバックはその場でなく、年に2回まとめて返金されます。利用明細書と返金引換証が郵送されてくるので、それを持って返金対象店舗のサービスカウンターへ行きましょう。
国内最大規模の百貨店である三越伊勢丹ホールディングスの株主にも、さまざまな特典があります。
限度額はありますが、実店舗やネットショップでのお買い物が10%割引になります。他にも美術展など催事の入場料が無料になったり、三越伊勢丹ホールディングスと契約しているホテルの宿泊代や食事代が優待価格になったりする特典があります。
お得な株主優待制度ですが、タバコや金券など、一部対象外の商品もありますので、気になったらその場で店員さんに確認してみましょう。
NISAを始めるには、まず金融機関に専用の口座を開設する必要があります。証券会社、銀行、郵便局、信用金庫、投資信託会社など各金融機関で受け付けています。
必要書類を提出し、税務署のチェックに通ったら、口座を開設できます。
株主優待制度を利用すれば、日々の節約にも一役買ってくれるでしょう。

関連記事